タイヤ屋ブログ
〜コバヤシタイヤ〜
www.kobs.co.jp
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
行かずに死ねるか!
category: 映画・音楽・エンターテイメント | author: kob2
昨日の夜から、今日にかけて一冊の本を読んだ。
Sさんの奥さまからお借りした本。

昨夜は久々に友人と飲み、1時過ぎに帰宅し、風呂に入り、ほろ酔い気分でベッドに入り昨年の12月31日に借りたまま、まだ読めずにいた本を手に取った。


行かずに死ねるか!


行かずに死ねるか!
世界9万5000km自転車ひとり旅   
石田ゆうすけ著 

大手食品会社に勤めていた著者が、会社を辞め、3年半で帰国の予定が、7年半になってしまった世界1周自転車ひとり旅のエッセイ。





昨夜は、文章に引き込まれていくものの、程よい酔いと、疲労にまるで自分が旅しているかのような夢見心地で眠りについてしまった。(おそらく3時頃)


今日の朝、日曜日だろうと休みだろうと、そして前の日に飲んでいようとも基本的に目覚めの早い私は7時半に目が覚めた。


二日酔いなどは無く、清清しい目覚めで二度寝を決め込む気にもならなかった。


こんな日はきっと富士山が綺麗!と窓を勢いよく開けて富士山を見ると、そんな思いに反して富士山は薄暗い雲に覆われ姿を見せてはくれなかった。チェッ!!富士山の奴め!!


窓の外の冷気に触れて急にベッドの温もりが恋しくなり、ベッドにもぐりこみ、思い出したように本を手に取り、一気に本の中の世界に突入した。


見事にはまった。
もともと旅行記は好きではあるが、これはちょっと違う。
とにかく楽しく興奮し感動する。


7年半にも及ぶ旅行を1冊(文章量も多くない)にまとめているので、スピード感はハンパではない。
けれど、多くの割愛と推敲が練られた文章からは筆者の心情だったり、その場の状況が気持ち良く体に染み込んでくる。


自分の体験したすごい経験や感動を文章で伝えるのは非常に難しいし、自慢話になりやすい。だけど、この本はそんな事無く自然に受け入れられる。
読んでいて自然と体が熱くなったり、涙が出そうにもなる。すごい!


ぼくも高校生の頃自転車で色々旅をした経験があるだけに、もちろん比較にならないだろうけど、わかる事も多いかもしれないけど、それだけではない。


ゴールが近づき、巻末が近づくにつれ、著者が旅の終わりに寂しさを感じているようにぼくも読み終えてしまう事が寂しくなった。


読み終えて瞬間、終わってしまった寂しさと同時に、感動・・・いやそれとも違う何かが体を駆け巡り、鳥肌の波が何度も来た。


単純なぼくは自分が世界一周した気になっていた。
ぼくが単純だからだけではなく、きっとこれを読んだ多くの人が似たような感覚を得たのではないかと思う。



この旅に行き、こんな経験をした著者をとても羨ましく思った。
羨ましく思うだけではいやだから
『じゃあ、ぼくも!!』
なんてことは、出来やしない。


だから、この本で擬似体験させてくれた著者には感謝したい。
著者が7年半かけた世界一周をたった一日で駆け巡った。
申し訳ないような、もったいないような、でも本当に楽しかった。


読書好き、旅行好きな方は是非。
そうでない方も、一読の価値あり!!




なーんて感じで、今日はエッセイ風に書いてみました〜。(影響受けやすい私)
そろそろ、仕事の事も書かなきゃな〜。


と、これを書いたのは日曜の夜。
書いて満足して寝てしまい、アップし忘れていたのでただ今アップしました・・・月曜10半。
comments(2) | - | PAGE TOP↑
台風はご遠慮ください。
category: 映画・音楽・エンターテイメント | author: kob2
2つも発生してますねショック


週末に近づく事だけは止めて頂きたい怒りパー


なぜなら、土曜日お休みを取らせて頂いたから。
コバヤシタイヤは土曜日はやってます。(日祝休みです)


なぜ休みをもらったか。


朝霧JAMに行くから。


皆さんご存知ですか?朝霧JAM。


富士宮市の朝霧アリーナで行われる、音楽とキャンプの野外イベントです。


朝霧JAM 
去年はこんな感じで最高でした!!


今年で6回目になるこのイベントは、富士山を背景に2日間音楽とキャンプを楽しむという最高のイベントであります拍手


私は今年で3回目、初めての時は雨でちょっと辛かったですが、去年は2日間とも晴天でIt's a beautiful day まさに楽園でした。


そんなわけで、雨だけは困りますあめダメ、絶対!!


テルテル坊主作りますからピピピ


JAM NIGHT

朝霧JAM 写真集
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
下北サンデーズ
category: 映画・音楽・エンターテイメント | author: kob2
今日は、芸術の秋!って事で、舞台を見に行ってきました。


実際は秋ではなく、おもいっきり夏でしたけども・・・


場所は、下北沢の本多劇場


本多劇場


作品は、『うす皮一枚』


主演は、劇団ひとり南海キャンディーズの静ちゃん。


作・演出は、あの凄腕放送作家、鈴木おさむ氏。


うす皮一枚チラシ


これを見ただけで、見なきゃ!!て思ってしまいました。


特に、劇団ひとりさんは、個人的にとーっても好きな芸人なので、ぜひ生で見てみたいというのもありまして・・・


内容は、予想に反して(キャストしか知らなかったので)結構シリアスで、徳山高専殺人事件の事が頭をよぎった方も多いのでは?と思いました。


舞台についての感想は専門家に任せるとして、静ちゃんかわいかったですよ。


とっても大きかったけど。


劇団ひとりさんとのキスシーン!!もあり、今話題の芸人二人が熱演しておりました。





それにしても舞台っていいですよね!!俳優さんの息遣いや、今まさに目の前で演技していると言う臨場感、緊張感。


映画にはない、リアルさが最高ですね。


芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、秋は何をするにもいいようです。




さて、相方の静ちゃんが舞台で熱演中の2006年9月10日、山ちゃんは・・・・


南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太)のブログ


番宣に、オリジナル商品の売り込み!!と頑張っています!!


山ちゃん!!がんば!!!




comments(0) | trackbacks(4) | PAGE TOP↑
GT roman
category: 映画・音楽・エンターテイメント | author: kob2
GT roman知ってますか?

車好きの方であれば、大抵の方が知っている漫画ではないでしょうか?

私はこの漫画の世界がとっても好きです楽しい

登場人物は皆車好きで、何よりも自分の車を愛している。

速い、遅いではなくて、車そのものが好きな連中。

中には軟派な目的で車を見る者も出てくるが、それらもまた憎めないキャラクターだし、男にとって車とは、どこかそういったものがあることは事実であろうと思う。

何にせよ、漫画に出てくる、バー『ロマン』のマスターは最高にかっこいいし、ロマンに集まる車好き連中も最高。

弊社も、こんな車好きが気軽に集まる店になったらなー・・・と思います。

ちなみに、この漫画の舞台は沼津市、作者の西風さんも沼津在住との事。

いつかどこかで会えたらいいなぁと思います嬉しい

車好きじゃない方も、これを読めば車好きの気持ちが少しは解って頂けるのではないでしょうか!?

まだ読まれたことのない方は、是非!!

弊社の店内の本棚にもありますが・・・まずはお買い求めに・・・

GT roman


comments(6) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
間宮兄弟
category: 映画・音楽・エンターテイメント | author: kob2
あー・・・映画みたいひらめき

朝起きたらそう思った私は、今日は誰がなんと言おうと、たとえ細木数子に地獄に落ちるわよ!といわれても、映画を見るのだと決めました。

今日は以前から見たいと思っていた、『嫌われ松子の一生』を見ようと思っていたのですが、何気なく始めたトイレ掃除にはまり、トイレだけでは物足りず、洗面台まで手を出し、『嫌われ〜』には間に合いませんしたあせあせ

そんなわけで予定変更。

これまた以前から見たいと思っていた、『間宮兄弟』を見る事にしました。

間宮兄弟

映画館は、映画好きな富士市民憩いの場、シネ・プレーゴ

ここは、70人〜140人程の小さいホールが6つあり、座席間も広く、なかなか快適です。

で、間宮兄弟。

いいですね。心があたたか〜くなります。

あまりに仲の良い、30過ぎの兄弟には少し気持ち悪さもありますが、姉二人の自分には少し羨ましかったりします。

物語は全体的に淡々としていますが、細かい演出や、演技、謎を残し想像力をかきたてるシーンがあったりで、飽きさせません。面白いです。

雰囲気的に、以前見た『かもめ食堂』に似てるでしょうか?

いや、違うかな・・・

かもめ食堂オススメですよ。キャスティングからしてやばい。

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ・・・

あ、話がそれましたが、なんと!この間宮兄弟には富士市が出てくるんですよ!!

全然知らなかっただけに、びっくりびっくり

そこが富士市かどうかは富士市民にしかわからないかも知れませんが、新富士駅とか出てきます。

エンドロールには、富士市のみなさん、なんて出てきました拍手

富士市が出てきた時には、ホール全体が富士市民である喜びにあふれていましたぴかぴか

この映画、富士市民は、富士市で見るに限ります富士山

喜びを共有する喜びに出会えます嬉しい

あー、間宮兄弟の部屋、行ってみたいなージョギング

カレーパーティー誘ってほしいなーディナー




今夜は負けられない戦い!!!

勝ってくれーーー!!!!!


comments(2) | trackbacks(3) | PAGE TOP↑
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH

SPONSORED LINKS